千葉県印西市-日本医科大学千葉北総病院-耳鼻科の口コミ
千葉県印西市-日本医科大学千葉北総病院-耳鼻科の口コミ
千葉県印西市-日本医科大学千葉北総病院-耳鼻科の口コミ
千葉県印西市-日本医科大学千葉北総病院-耳鼻科の口コミ
口コミ投稿によりメールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。『ヤラセ』や『宣伝』ではない真実の口コミが、皆さまの婦人科・産婦人科選びの参考になります。
Top > 千葉県 > 千葉県印西市 > 千葉県印西市-日本医科大学千葉北総病院

千葉県印西市-日本医科大学千葉北総病院の口コミ

住所:千葉県印西市鎌苅1715
電話番号:0476-99-1111

MAP地図はこちら

46件の口コミ

コメントを残す

メールアドレスやIPアドレスが公開されることはありません。
気軽に投稿してください。

管理人が「やらせの口コミ」「宣伝目的の口コミ」「誹謗中傷目的の口コミ」などを精査のうえ掲載しますので、2~3日後に掲載となります。画像を選択しない場合、評価を基準に画像が選ばれます。
確認画面は出ませんので、送信前にもう一度内容をお確かめください。

    (ふーみん)
    投稿日:2016/08/30
    咳が続くので近くの小さな診療所で診察してみたところ、肺に影があるからとその診療所が提携しているこちらの大学病院の紹介状を渡されました。撮影したレントゲンをお借りし持参。 特に嫌な印象は持ちませんでした。質問したことに大して的確な返答がありましたし、こちらが不安になるような態度や言動はありませんでした。混雑しているのでてきぱきされていました。 その日はとても混雑していました。急患のかたも続々と・・・・・
    来られていた様子でしたし、予約が優先といえどもやっぱり待つものなんだと思いました。今回は付き添いでしたが、患者本人が待っている最中不安そうでした。 院内はまさにホテルのような佇まいで、暗い感じの病院という雰囲気はありません。カフェや売店など飲食できるスペースがあり、待ち時間が長い時などに利用ができます。 再度レントゲンを撮影してみましたが、怪しい影は消滅していたので、経過観察ということになりました。風邪を少しこじらせてしまったようで、次回もし風邪をひいてしまったらすぐに診察を受けるように言われました。 レントゲン検査なので一般的な内容でしたが、大学病院ということがあり同じレントゲンでも設備がとても整っている印象でした。院内がとても広いので何回か迷ってしまいました。 特に疑問を持つ印象は受けていません。受付から診察、検査、会計までの流れのなかでプライバシー保護に関して気になる点はなく、ごく一般的だと思います。 結果として大きな病気がみつかったわけでもないので安心しました。今回は二つの医療機関で診察したことになり、大学病院での診察も異常はないとのことなので本人共々ほっとしました。
    (dream)
    投稿日:2016/05/11

    3月お彼岸の頃に胸に激痛と呼吸困難になり、かかりつけの病院へいき、大学病院への紹介状をいただきました。
    大学病院でカテーテル検査入院をして調べていただきました。痛み止のお薬をいただき、痛みがあったときにのんでいます。

    (ぴよ)
    投稿日:2016/03/16
    私の基本的の症状は、呼吸困難、意識をなくす、痙攣などです。 発作を起こした時の周辺の記憶をなくすこともあります。 最初はこちらの病院ではなく他の神経内科のある病院に行っていましたが、紹介によりこちらで診てもらう事となりました。 初めての入院でしたが笑顔で看護師の皆さんが迎え入れてくださり安心しました。 先生も看護師の皆さんも気遣ってくださり、ちょこちょこと様子を見に来てくださったことがとても有・・・・・
    り難かったです。 通常診療時間ではない時間帯に無理を言ってお願いしているのにも関わらず、迅速に対応していただけることを大変うれしく思います。 病院到着後、最短10分ほどで診てくださり、時間がかかっても20分ほどで診察していただけるので本当に感謝しております。 カフェやコンビニ、本屋などがあり長期入院の方や見舞いに来られた方への配慮がいきわたっていると思います。 ただ、休憩スペースのテーブルの上に食べこぼしやゴミなどがいつまでも放置されている点についてはもう少し見回っていただければと思いました。 発作が起きているときは先生も見ていないので言葉で伝えるしか方法はないのですが、担当になっていただいた先生は詳しく話を聞いてくださったり、励ましの言葉をくださったりと大変心強いです。 今はゆっくり慎重に薬を増量してくださっているので発作は起こらず普段通り生活できています。 脳波は3回ほど行いましたが、いずれも症状は出ませんでした。 最初にイーケプラのみを飲んでいましたが、自分の身体には効果はなく発作が引き続き起こりました。 ラミクタールの飲み始めは吐き気や発作前に以前から起こっていた症状(視界がぼんやり、身体の力がなくなる等)がありましたが、1週間も経つとだいぶ落ち着きました。 患者の個人情報は書面ではなくパソコンを通して扱っているので、紛失などという問題はないと思います。 診察室は縦に10部屋ほど繋がっているような構造ですが、ほかの患者さんの声などは全く聞こえません。 こちらの病院は看護師の方々も担当の先生もとても温かい方ばかりで本当に感謝しております。 患者目線で色々と配慮してくださります。 事務の方々も笑顔で接してくださります。
    (回答者:30代)
    投稿日:2015/12/28
    脳外科の医師は疾患別(血管内治療専門や脊椎専門など)に分かれていて、熱心に診てくれます。 入院する病棟は単科になるので、専門医師や認定看護師もおり、専門的で集中的な治療や看護が受けることができます。 また、リハビリのスタッフと密に関わっており、早期リハビリテーションにも力を入れています。 医師・看護師ともに対応は丁寧で、相談しやすい環境を作ってくれます。 家族の面会時にも実際のリハビリテーションの・・・・・
    様子を病棟やリハビリ室で見てもらうこともできます。 嚥下機能が低下している患者様には、リハビリスタッフに加えて認定看護師もいるため、嚥下(食物を口に入れてから飲み込むまで)に関してのリハビリは他スタッフにも周知しており、統一した看護を受けることができます。
    (回答者:50代)
    投稿日:2015/12/12

    この地域では傑出した存在で、最先端の医療を提供できる病院です。
    以前も心筋梗塞の患者を引き受けていただき、近くの小学校の校庭からヘリコプターで病院まで搬送してもらい、治療していただきました。
    この病院のおかげで、周辺の医療は大変な恩恵を受けています。
    これからも、ますます頑張っていただきたいと思います。

    (のりまきセブン)
    投稿日:2014/12/07
    以前から胃潰瘍の悪化が原因で幽門(胃の出口)が狭まり、胃から先に食べた物が通りにくくなって嘔吐を繰り返す胃幽門狭窄症になりました。 何とか手術せずに薬で長年ごまかしてきましたが、この夏、ついに水分まで摂取できず脱水症で気を失い転倒。 ひと月に救急車で二度運ばれる始末。 二度目の救急搬送では受け入れ先が見つからず、最後に快く受け入れてもらったのが日医大病院です。 市外でしたが手術や設備が完備している・・・・・
    大学病院に入院できたことは本当にラッキーでした。 入院中、脱水症にはICUで2日間の透析。 胃カメラ検査では一度もカメラが十二指腸へ届かないほどの酷さ。 もともと手術以外に方法はなかったので躊躇してきた手術を決めました。 大病院に有りがちな権威的で威圧的なところは無く、出会った医師や技師・看護スタッフの皆さんは真面目で優秀。 熱心に対処してくれるし、偉ぶらず親切で丁寧。 モラルの高さを感じました。 胃幽門狭窄症の手術には腹腔鏡手術で行ない順調に回復して退院。 懸念していた普通食が問題なく食べられるまでになりました。 特に退院まで主治医が中心となって検査から手術の執刀まで一貫して関与し受け持ってくれましたので、本当に最後まで安心してお任せできました。 また毎日、病室に主治医が他の先生と共に病状を見に来ていただき、とても面倒見がよかったです。 看護スタッフはしっかりとした教育が行き届いているようで技術面だけでなく、患者の気持ちに配慮した対応には常に優しさと思いやりが感じられました。 今でも印象に残るほど。 医療・看護に際しては処置の動作を予め言葉でガイドし、患者に知らせてから行動に移すので分り易く安心感が持てます。 看護処置に雑さは見られずとても丁寧でした。 病院のロケーションはドクター・ヘリがある広大な敷地に幾棟の病院群があり、設備は近代的で充実していますし院内もとても綺麗です。 院内には様々なショップがあって、ちょっとしたイオンモール。 噂には聞いていましたが想像以上。 また、病室では有線LAN接続が可能で自前のPCを持ち込めば無料でインターネットが楽しめました。 自分の場合、会計は他の病院(今回入院する一カ月前に他の病院に入院経験有り)と比較すると割安。
    (回答者:40代)
    投稿日:2014/07/27
    医師も看護師も他の職種のスタッフも、すべての職員がいざという時には一丸となってやるパワーがあります。 どこのセクションの看護師もモチベーションを維持しており、患者さんと向き合う努力をしています。 患者さんからの評判も良いと思います。 ドクターヘリをはじめ、DMAT(災害急性期に活動できるトレーニングを受けた医療チーム)などプレホスピタル(病院に運び込まれる前の応急手当)での医療にも、とても力を注い・・・・・
    でおり、救命率も上がっています。 3次救急を取っている病院ですが、受け身ではなく患者さんを助けに迎えにいくシステムは、とても心強いものです。
    (マックス)
    投稿日:2014/04/25
    アキレス腱を断裂してしまい、実家近くの当院を訪れた。 テレビの医療系特番で特集を組まれる程の特定機能病院なので、朝8時の段階で外来患者さんでいっぱい。 8時に受付をしたからか、紹介状を持参したから優先してもらえたのかはわからないが、私は10時に診てもらえた。 予約なしの初診患者は、5日後の予約を取っていたり、5時間以上も待っている患者さんもいた。 館内には「2人の主治医が見守ります」との地域での医・・・・・
    療機能分担を表明するポスターや、医薬分業の利点を説明するポスター等、より多くの患者に急性期医療を提供できるよう、医療への認知・理解を促す張り紙が目立った。 お医者さん、看護師さん、技師さん、どこで接する方もとても愛想が良かった。 手術をする治療法を選択したのだが、当該院の手術日程は先々までスケジューリングされており、飛び込みでの手術は中々できないとのこと。 担当医は他院での診療も受け持っており、そこでの近日中の手術を提案してくれた。 診察、レントゲン、装具の作製、診察という順序で、計5時間半かかった。 地域の基幹病院であるので、時間を要するのは仕方がないが、診断・治療に対しては疾患の不安を払拭でき、安心することができた。 施設も清潔で開放感のある設計なので、気持ちの良い医療サービスを受けられる病院であった。
    (回答者:50代)
    投稿日:2014/04/01

    検査、診断、薬局等の分業がしっかりしています。
    施設がきれいで、かつ病院的な雰囲気がないので、気持ちも暗くなりません(待合室や、診察室は、病院ですが)。
    廊下などに絵画が飾ってあり、落ち着いた雰囲気が感じられます。
    検査室まで少し歩くのですが、その間の廊下で気分が癒される感じになるので、病院に閉じ込められている雰囲気ではありません。

    (プリンアラモード)
    投稿日:2013/05/20

    花粉症が引き金になって、くしゃみと鼻水が止まらない症状が続きました。
    毎朝、鼻血まで出て、どうしようもなくなり、受診しました。
    鼻の中の画像を見せながら、とにかく触らないようにとの指示。
    鼻もかんではいけない、鼻をさわってもいけないと、説明がありました。
    漢方薬の処方がありました。
    3日で鼻血はおさまりました。
    もっと深刻な病名がつかなくてよかったです。

    (回答者:30代)
    投稿日:2013/04/22

    ドクターヘリが常駐しており、近隣地域だけでなく遠方から救急患者が搬送されてきます。
    受け入れ態勢も常時整っており、救命率も高く、今やなくてはならない病院です。
    また施設内も非常にきれいで、入院生活にもなにも困ることなく安心して療養に専念し、過ごすことができます。
    自分が入院することになったら、ぜひお世話になりたい病院です。

    (回答者:40代)
    投稿日:2013/04/05

    小児病棟が少なくなっている中、この病棟では割と多くの小児が入院しています。
    病気はロイケなどの患者は少なく、手術を受ける患者や比較的軽症の患者が多いので、看護も充実しているように思います。
    病棟には保育士もおり、入院している患者の遊びもできるようになっています。
    特別学級もあるので、学童期で長期入院が必要な患者にも十分対応できるようになっています。

    (回答者:30代)
    投稿日:2013/03/06

    基本的にすべての科が揃っていて、大学病院レベルの治療を受けられます。
    院内もキレイです。

    (プリンアラモード)
    投稿日:2010/06/19
    土曜も、平日以上に、混んでいます。 局所的頭痛の原因解明に、初診で来院したのですが、やはり3時間待ちでした。 感じのいい先生が、こちらの不安に思っている、内容の質問に丁寧に答えてくださり、「検査希望でも大学病院では、約2ヶ月先になる」と、申し訳なさそうに提案されました。 もっとすぐにの検査希望なら、と別の病院への紹介も、快く行ってくださいました。 緊急入院以外は、検査待ちが長いのが、困りものですが・・・・・
    、先生の対応は、とても親身で良心的でした。

千葉県印西市-日本医科大学千葉北総病院のmap